腎臓病の検査方法とは?

日本では腎臓病にかかる人が増えていますが、その予備軍も含めると何と2000万人とも言われています。これでは腎臓病が国民病と言われることにも納得できますね。
腎臓病は初期の段階では自覚症状がほとんどないとされています。健康診断などで尿検査や血液検査を受けて、腎臓病が見つかるケースが多いのです。検査の数値によって腎臓病の疑いがあったときは、さらに腎生検が行われます。腎臓の検査の場合は、血液を採取して3種類の項目を調べると判断できます。そのうちの一つがクレアチニンと呼ばれるアミノ酸の数値です。クレアチニン数値が上昇しているときは、腎臓機能が低下していると考えられます。なぜなら、クレアチニンは腎臓が正常に働いていれば、排尿時にろ過されて残ることはありません。しかし、腎臓機能が低下し始めるとクレアチニンが残ってしまうため、検査の数値も高くなります。ただ、クレアチニンに関しては性別によって数値が異なりますし、筋肉量の多い少ないでも変わってきます。また、子供や高齢者の場合もクレアチニン数値が低くなるなど、クレアチンだけで腎臓病だと判断することはできません。
次の項目がeGFRというもので、正確な数値を出すために年齢や性別の違いなどを掛け合わせて測定します。
そして、3つ目の項目がBUNです。BUNとは尿酸窒素を表していますが、腎臓機能が低下しているときは正常にろ過されないため体内に蓄積されていきます。検査を受けると数値が異常に高くなっていることが分かるのです。
また、これらの数値は腎臓機能の異常だけでなく、甲状腺機能亢進症やタンパク質の過剰摂取でも高くなります。確実に腎臓病だと判断することができないため、血液検査と同時に尿検査を受けることになります。尿中に含まれる赤血球やタンパク質によって腎臓病かどうかが判明します。

肝臓に優しいサプリメントの人気ランキング!
 肝パワーEプラス

腎臓

価格 容量 評価

 通常価格:4,725円

毎月2箱定期:8,505円

6箱まとめ:25,515円

1箱:3粒×15袋

腎臓

 協和発酵バイオ オルニチン

腎臓

価格 容量 評価

お試し価格:500円

90粒(約15日分)

腎臓

 カゴメ スルフォラファン

腎臓

価格 容量 評価

通常価格:4,500円

毎月1箱定期:3,980円

90粒(約30日分)

腎臓