慢性腎臓病の特徴とは?

近年慢性腎臓病を患う方が増えており、日本では国民病とも呼ばれる病気になっています。慢性腎臓病という言葉は耳にしたことがあっても、どのような特徴があるかを詳しく知る方は意外と少ないかもしれません。慢性腎臓病についてご紹介したいと思います。
CKDと表示されることもある慢性腎臓病ですが、初期であればほとんど自覚症状を感じることはありません。むしろ自覚症状が現れるころには病気の状態が進行していることが考えられます。定期的に健康診断を受けていれば、尿検査や血液検査によって慢性腎臓病が発覚するでしょう。主な自覚症状としては、貧血が起こりやすくなったりむくみが頻繁に発生するようになります。常に体のだるさを感じることも特徴です。このような自覚症状を感じたら、早目に検査を受けましょう。
血液検査を受けると腎臓機能の数値を示すGFRが分かりますが、異常があれば数値が低下しています。また、尿検査では慢性腎臓病の場合は蛋白尿が出ます。
高血圧の方や糖尿病にかかっている方は、合併症として慢性腎臓病を発病します。検査を受けて慢性腎臓病と診断されたら、直ちに治療を受けなければなりません。ただ、治療を受けたとしても慢性腎臓病を治すことはできず、それ以上進行しないための薬を利用するに留まります。糖尿病から起こった慢性腎臓病なら、血糖値に作用する薬を服用します。また、高血圧が原因の慢性腎臓病の場合は血圧の上昇を抑える薬を服用することになります。このような薬物療法が行われますが、同時に食事療法も欠かせません。腎臓の病気を進行させるものが、塩分やタンパク質の過剰摂取ですから、どちらも摂り過ぎないよう制限しなくてはいけません。この場合も制限が必要であって、全く摂取しないことは良くありません。上手に調整しながら食生活を組み立てましょう。

肝臓に優しいサプリメントの人気ランキング!
 肝パワーEプラス

腎臓

価格 容量 評価

 通常価格:4,725円

毎月2箱定期:8,505円

6箱まとめ:25,515円

1箱:3粒×15袋

腎臓

 協和発酵バイオ オルニチン

腎臓

価格 容量 評価

お試し価格:500円

90粒(約15日分)

腎臓

 カゴメ スルフォラファン

腎臓

価格 容量 評価

通常価格:4,500円

毎月1箱定期:3,980円

90粒(約30日分)

腎臓